農業のイメージ

農業塾の役割

現在の日本では農家の跡取りが減り、徐々に減農されているのが実情です。手を入れる人がいない田畑も増えていいて、今後の日本経済にも影響が出てきそうな状況です。

本来農作物は国内生産による自給自足が好ましいのですが、現状は輸入頼りになっています。農業塾は次世代の農業従事者を育成するために、必要になっているのです。

世襲制度からの変貌

家業である農業を継ぐ人が減りましたので、世襲制度が崩壊しはじめています。それゆえに農家は高齢化して、このままではいずれ日本から農家がなくなってしまいます。

しかし本来農家ではない家に育った人の中には、都会を離れて農家の仕事をしたいという人もいます。そういった需給関係から、農業未経験者でも事業が出来るように教育をする必要があります。

農家は世襲から、やりたい人が後を継ぐ時代。手を入れる人がいない田畑を放置しないで、やる気のある人が行える時代へと変わってきているのです。

全国の農業塾

現在は日本全国に農業を維持するために、農業塾が増え始めています。根の上農業塾もその一つで、農業従事者育成が進められています。

農業塾は1年間などの短期間ではなく、たいてい5年以上などの長期での開催になります。根の上農業塾は10年間となっており、最後までやり遂げるとマイホームを持って農業を行えるようになります。

農業は毎年ごとの天候に左右される為、その時々に対応が必要になります。10年という長い時間を設けているのは、あらゆる天候での対応が可能になるからです。

真剣な気持ちで農業に取り組みたい人には、この10年間は決して長いものではありません。将来の独立へ向けて、プロのもとで学びながら覚える絶好のチャンス期間なのです。

■おススメリンク
DIP-F03-3-トップ

サイトMENU

  • Google
  • 楽天
  • MSN
  • Copyright © 2008 根の上農業塾. All Rights Reserved.